あなたの信用情報大丈夫?誤登録の恐怖

「毎月きちんと返済しているから大丈夫」と油断している人は要注意です!!


個人信用情報は、顧客からクレカ発行手続きや、分割払いなどの申請があった場合、その内容を業者側が信用機関に申請するシステムになっています。

これら情報は全て人の手で作成・送信されるので、人為的ミスにより誤情報が登録されて、社会問題になるケースも実際に確認されています。

あなたの
信用情報、
大丈夫ですか?

↓↓確かめるなら↓↓
【信用情報開示】アヴァンス行政書士法人
(頼りになるアヴァンス行政書士法人)

信用情報の開示をしたら
その内容にビックリした!
身に覚えのない金融事故情報が登録されていた!

大手携帯会社による誤登録が社会問題に

信用情報の誤登録を訂正する方法

※一度も延滞したことがない、未払いしたことがない人も、決して他人事ではありません。
たとえ誤登録でも、間違った情報が送信され、金融事故情報として処理されれば、あなたはブラックリスト入りになってしまうのです!
そのため、自分で信用情報をチェックする必要があるのです!(情報開示請求の詳細はコチラ



業者側の送信ミスという不祥事のおかげで、個人の信用情報に傷がつき、住宅ローンや新規クレジットカードやマイカーローンの申請を行っても、落とされてしまうなんて理不尽です!

業者側が早期に気付いて対応するか、自分で情報開示請求をして確認するまで、一切気付かないわけですし、心当たりもないのに融資審査に振り回されてしまいます。

原因の分からない融資審査落ちに対して、その精神的苦痛は計り知れません。

【参考】個人信用情報機関
クレジット信販を中心に扱う『CIC』
銀行系を中心に扱う『KSC』
消費者金融を中心に扱う『JICC』
↓↓自分の信用情報が気になったら↓↓
【信用情報開示】アヴァンス行政書士法人

(c)あなたの信用情報大丈夫?誤登録の恐怖